FC2ブログ
 プロ意識
2010年02月27日 (土) | 編集 |
家で、取材に行った施設の記事を書いていました。
後ろから
「記事って、お母さんが書いているの?」
と、息子の驚いた声がしました。

社長はプロのライターだということを息子は知っているので、
当然、社長が書いていると思ったのでしょう。

「うん。でも、社長がちゃんと直すよ、プロだもん。」

すると、息子が
「お母さんもプロでしょう。だって、それを仕事にしているんでしょ?
仕事でしているという事は、プロだという事でしょう?」


あっぱれ 息子よ
その通りです



「1円でもお金を頂いた時から、プロなんです。」

ずいぶん昔に、当時の上司に言われた言葉です。
とても仕事に厳しい人で、
「プロ意識を持ち、プロの仕事をしてください。」
と、常に言われ続けました。
厳しくて泣かされたけど、なぜか大好きな上司(女性です)でした。

「たとえ、パートやアルバイトでも、
スーパーでレジを打つのでも、ウエイトレスや店員さんでも
それで1円でもお金を頂くのなら、それはプロなんだよ。」

パン屋でアルバイトをしている娘に、私が言ったばかりでした。



れっきとしたプロの社長。
責任を持って仕事はしていたけれど、そんな社長の前で、
「へたくそ、ったって、そりゃあ私は素人ですもん!」
と居直ってしまっていた自分に、はたと気がつきました。

息子の一言に、ものすごく大切なことを思い出しました。

そして、社長の、もっと・・・・・・・・・・・・重~~~い一言も

「みわこさん役員なんだから、何でも出来てくれなきゃだめなのよ。」









ランキングに参加しました。1日1クリックしてもらえると頑張れます!
コメント
この記事へのコメント
息子さんエライ!
お金をもらったらプロとして仕事しないといけないってのは、ホントそうですよね。
お客さんから見ればみんなプロですからね。

役員のくだりもそうだと思いますよ!
井上さんは何でも自分で決めてるように見えますけど、来島さんもじゃんじゃん意見を言いましょう!!
2010/03/03(Wed) 15:00 | URL  | スタッフM #-[ 編集]
Mさん、ありがとう!
頑張って、じゃんじゃん言います。
まっ、その前に、言えるだけの仕事ができなきゃいけませんよね。
まずはそっちから頑張ります!!
応援してね。



2010/03/03(Wed) 22:01 | URL  | みわこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック