FC2ブログ
 講演会 その②
2010年02月14日 (日) | 編集 |
昨日の続きです。

先生の話を聞き
とても嬉しかったのは
今、母が幸せそうだから
だけではありません。

母の担当のケアマネさんは
いつも私の心に
寄り添って下さる
本当に温かい方でした。

母の入居を決めた時、
まだ迷っている私に向かって
「家族を入居させることに
皆さん必ず、罪悪感を持ちます。
罪悪感を持たない家族はいません。
でも、それは違います。
罪悪感なんて持たないでください。

日本では、在宅介護を
良しとする風潮がありますが、
私は違うと思います。
離れることで
お互いに優しくなれるんです。
離れるからこそ
良い関係になれると
いう事があるんです。

今まで、みわこさん
本当に良く頑張ったと思います。
もう十分ではないですか?」
と言って、
私の背中を押して下さいました。

そして、母が入居し
ずいぶん落ち着き
今のグループホームが
母にはとても合っている
と報告した時、彼女は、
「みわこさん、お母さんに
最高のプレゼントしましたね。」

と言って下さいました。

先生の講演を聞きながら
ふと、その言葉を思い出しました。

あの時、母を追い出すようで
自分がとても冷たい娘のようで
辛くて辛くて
たまらなかったけれど

これで良かった
間違ってなんかいなかった
・・・心から、そう思う事が
出来ました。

それが一番嬉しかったんです。



ランキングに参加しました。1日1クリックしてもらえると頑張れます!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック