FC2ブログ
 認知症の人への理解と介護 チャリティー講演会
2010年02月13日 (土) | 編集 |
「認知症の人への理解と介護」と題した
講演会に行ってきました。
講師は、岡山県笠岡市にある、
「きのこエスポワール病院」の
佐々木健先生

26年前、日本で最初の
認知症専門病院である
「きのこエスポワール病院」を
開設された先生です。

母も見て頂いたことが
あります。

認知症ケアに最も大切なのは
「環境」だと
四半世紀にわたる経験から
おっしゃっていました。

そして、
・グループホーム
・その他の介護施設
・在宅

と、それぞれの
認知症の進行度合いなど
比べてみた結果
最も良い状態であったのは
グループホーム
生活していた人々だったそうです。
ただし、「よい」グループホーム
との但し書き付きです。

「よい」グループホーム
認知症の人にとっては
一番良い環境となるそうです。

私の母はグループホームにいます。
家に居たころが思い出せないくらい
今は落ち着き穏やかになりました。
いつ行ってもニコニコしています。
今日のお話を聞いて
とても嬉しくなりました。






ランキングに参加しました。1日1クリックしてもらえると頑張れます!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック