FC2ブログ
 これからの介護に必要なもの
2010年11月18日 (木) | 編集 |
上の娘の就職が決まりました。
ご多分に漏れず、新卒の就職難に悩まされました。
やれやれ、やっと決まったか・・と、ほっとしたのもつかの間
非常にあわてた一幕がありました。

娘は、機械を分解したり、天文学にいそしんだり
中学以降は化学大好きな、ばりばりの理系女子。
大学、大学院とも理学部で
ひたすら研究に没頭していました。

その娘が
「介護施設に就職した。」
と言うではありませんか・・・。

介護職の方には、誠に申し訳ないのですが
「あまりにも就職先が無く、介護職なら何とかなりそう」
ということだったのかも・・と思ってしまいました。

すると
「前々から考えてたの。びっくりさせてごめんなさい。
実は、お母さんを見ていて、
介護家族と介護職の人との(心理的な)隔たりをすごく感じていたの。
これからどんどん介護を必要とする人が増えてくるでしょう?

それは同時に、介護家族が増えてくるということなのよ。
これからは、介護家族の気持ちを抜きにして、
介護はあり得ないでしょう?

介護家族の気持ちをきちんと理解して
心理的にサポート出来る体制が必要なのよ。

だから私、心理学を勉強して、介護家族を
メンタルな部分でサポートできる人になろうと思うの。
ケアマネージャーの資格も取る予定よ。」


なんてこと思ったんだろう、ごめんなさい。と謝りました。

先日登場した、娘の彼氏は、今でこそ大手生保職員ですが
大学在学中に、特別養護老人ホームで働いた経験があり
娘の良きアドバイザーとして
私よりも、親身になって支えてくれていたようです。


広島にいて、実家との接点も無く
ばあちゃん(私の母)の介護も直接したわけではないので
こうして私の立場や思いを受け止めてくれていたことには
驚くばかりでした。

私の姿を通して、この先の人生を選んだ娘に、ただ感謝です。

今まで学んで来たこととは全く畑違いの世界ですから
苦労もたくさんあることでしょう。
母として、人生の先輩として
そして介護家族として
全力でサポートしてやりたいと思っています。










ランキングに参加しました。1日1クリックしてもらえると頑張れます!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック