FC2ブログ
 たくましすぎる私
2010年10月04日 (月) | 編集 |
買い物に行くのに、
ついでのあった息子がついてきてくれました。

重いもの、大きいもの・・・と、結構たくさんになり
大きな袋3つの買い物になりました。

息子が1袋、私も1袋。
そして最後の1袋を、ためらいも無く私が持ったところで
息子がその袋を、ガバッと奪い取りました。

「そんな風に、『何でも一人で出来ます!』って顔しないの」

と、諭すように私に向かって言いました。

「お母さんは強すぎるの。頼ることも必要だよ。
一人でも全然大丈夫、生きていける女性だ・・って思うと
男の人は寄ってこれなくなっちゃうよ。」


「あら、そんなに『何でも一人で出来ます!』って顔してる?」
と聞くと、息子は
「いつも
と、即答。
「だから、結婚出来ないんだ」
と私が笑うと、息子も思わず噴出しました。

そうかも知れません。


以前、友人からも似たようなことを言われました。

「子どもはどうしても欲しいけど、旦那さんはいらない。」
という娘の言葉を、「こんなでね~」と伝えたときでした。

友人は、驚いたように

「当たり前じゃないの。あなたを見て育っているのよ。
女一人、旦那さんがいなくても、何の不自由もなく
これだけ颯爽と生きているあなたを見ていれば
お嬢さんが、自分も一人で生きていけると思うことに
何の不思議もないでしょう。」


更に友人は続けました。

「母子家庭でも、3人揃って大学まで出してもらった
と思えば、お嬢さんの中にも『女一人でも大丈夫』という
自信があるんじゃないかしら。
それに、それを実践してきたあなたが側にいるんだもの。
何があっても大丈夫と思うわよ。」


そこまで娘が思ってくれているかどうかは分かりませんが
『女一人でも大丈夫』とは思っているのでしょう。
私の後ろ姿からそう感じたとしたら、本当に嬉しいです。

不思議だったのは、娘の言った
「子どもはどうしても欲しいけど、旦那さんはいらない。」
という言葉は、まだ10代だった私が
いつも口にしていた言葉でした。

私の場合は実現してしまったわけですが。

まあ・・・
20年近くを一人で生きてしまうと
確かに結婚については「今更」という思いしかなく
今後もその予定も希望もありませんが
息子の言葉にはハッとしました。

我が家でたった一人の男性である息子にしてみれば
強くてたくましいでも、やはり女性
守るべき存在なのでしょうか。
これから老いていく母が、一人でいることは
ずいぶん不安であるようです。

私の中の息子は、いくつになっても末っ子の甘えん坊。
いつの間にこんなに大人になったんだろう・・・と
胸がいっぱいになります。

ごめんね。心配させていて。
お母さんも自分の人生、もうちょっと考えてみるね。
あなた達子どもが、心配しなくていいように
ちゃんと考えてみるね。
でも、本当に本当に嬉しいよ。

ありがとう



ランキングに参加しました。1日1クリックしてもらえると頑張れます!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック