FC2ブログ
 認知症の人と家族の会つどい、初の土曜日開催
2010年09月08日 (水) | 編集 |
9月11日土曜日
認知症の人と家族の会倉敷支部
初めての土曜日のつどいが開催されます。

社長のブログ
ぜひご覧ください。クリッククリック
詳しい日時、場所、地図、そして「家族の会」のことが分かります。

認知症の家族の介護をする苦しみは
してみた人でないと分からない・・・・と、私は思っています。
家族の会でもよく出て来る言葉です。

これは決して
「だれも分かってくれない・・」
とかって卑屈になっているのではなく
それだけ特殊なストレスを伴った、特異な世界
だということ事です。

だから、仲良しの友達だからといって
仕事の愚痴でも言うように
認知症の家族の介護を愚痴ってしまうと
逆に自分が傷ついたり
言わなきゃよかった・・・と後悔する様な事が頻発します。


例えば・・・
例①「宅急便の人が来ても分からなくて、泥棒だと思って
   追い返してしまうのよ。大騒ぎして・・・

   と言えば
   「まあ、そうなの。宅急便の人も気の毒ねえ
   または
   「また来てもらわないといけないでしょ、面倒ね

例②「海老フライにてんぷらの衣を付けて油に入れちゃって・・
   と言えば
   「きゃ~(笑)海老フライをてんぷらにするんだ~~~(大笑)」

例③「母が道路や学校の校庭に猫の餌をまいて歩いて、
   野良猫が増えちゃって・・。
   町内にも大迷惑かけてて、回覧板で注意されるくらい
   問題になってるんです
。」
   と言えば
   「あら、猫が好きなのね。優しいんだ、お母さん。」

特に③は、友達のみならず
介護職員の方にまで言われて、大いにショックでした。


そう・・・
認知症の家族を介護する苦しみは
当事者同士でなければ理解し合えない
特殊かつ特異な、独特な世界です。


家族の会に初めて参加して
「ここならみんな同じような状況の人達ばかりだから
ちょっとは違うかな・・・」
くらいの気持ちで、おずおず話し始めたのですが

うわ~~、わかるわかる!!
腹がたつよね


うちも似たようなことするのよ。
困るよね~


こんな対応したら、
ちょっとだけましになったよ
。」

と、同じ状況だからこその言葉
あふれるように返ってきました。

私だけじゃなかったんだ・・・

介護職員の方にさえ、ピントのずれた返事をされ
ほとんど人間不信(?)
「もう、介護の愚痴なんて言えない。
言えば言うほどみじめな気持ちになっていくし
余計につらくなっていくし・・・」

と思っていた私にとって

「分かってくれる人がいる」

という思いは何よりも嬉しく、
これからを生きる力になりました。


同じように苦しんでいる人に
ぜひ来てほしいと思います。


「介護の愚痴は、人を選んでしゃべるのよ。
でないと自分が辛くなるだけだから。」

その通り・・・

ちなみに、私が一番悔しい思いをした一言を・・・
一応、介護の辛さを理解(?)してくれている友達でした。

「おかあさん、大事にしてあげてね。」

これ以上どうやって大事にするのよ
私の気力も時間も全部母のために使って
仕事も辞めなきゃならないほど必死でやって
もう私がボロボロなんだけど・・・


こんな言葉も、遠慮なく吐き出せる
そして
そうそう!その通りよ
と、大きくうなづいてくれるのが
家族の会です。






ランキングに参加しました。1日1クリックしてもらえると頑張れます!
コメント
この記事へのコメント
そうですね
そうですね・・・
ちょっとした言葉だしていないか
考え込んでしまいますね

むずかしいです
2010/09/12(Sun) 15:32 | URL  | きむみ庵 #-[ 編集]
きむみ庵さま
ありがとうございます。
偉そうに書きましたが、私自身も、自分に経験が無いことだと、良かれと思ったことや悪気なく口にしてしまったことで、他人を気づ付けていることってあると思います。
難しいですよね。
2010/09/15(Wed) 14:50 | URL  | みわこ #-[ 編集]
コスモスさま
ありがとうございます。
そうでしたか・・・・
本当につらいですね。
状況が許せば、いつでもいらしてくださいね。
お待ちしています。

2010/09/15(Wed) 14:56 | URL  | みわこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック