FC2ブログ
 介護って突然
2010年06月27日 (日) | 編集 |
「介護ん!」の取材で色んな介護施設に伺っています。
今でこそ、施設の事や制度など、少しは分かりますが
母が利用する施設を捜している時は
介護保険のことも、施設のことも、全く分かりませんでした。

恵まれていたのは、従姉が介護士だったこと。
それと、知人にケアマネージャーがいたこと。
私はそのケアマネに、当然母を頼みました。
ところが帰って来た言葉は意外なもので
「私は施設付きだから駄目。フリーで、自由に動けるケアマネでないと
いざという時に役にたてないから。」

「えっ・・」と落ち込む私に、更に彼女は言いました。
「私の知っている、とても良いケアマネを紹介するわ。」
そして紹介してくれたケアマネは、実にすばらしい方でした。
この2人のケアマネは、「介護ん!」立ち上げの時にも
とても力になってくれました。

紹介してもらったケアマネNさん。
気さくで話しやすい。そしていつも私の見方。
いつも家族の立場で、私の苦しみに寄り添ってくれました。
「一番大切なのは、介護をする家族の方です。」
と、最初に言い、そしてそのスタンスはいつも変わりませんでした。

母の相談をし、返って来た介護職の人の言葉に傷ついたことがあったので
最初Nさんの言葉を信じられませんでした。
しかし、Nさんは裏切りませんでした。

母のデイサービスやグループホーム捜しは、介護士の従姉が
Nさんと相談しながら、おろおろする私そっちのけで進めてくれました。
もし、この3人がいなかったら・・・考えるだけでゾッとします。
デイサービスに通うにも、グループホームに入居するにも
どれほど、もたもたして時間がかかったことでしょうか。

しかし、ほとんどの方がそうなんです。もたもたします。
親の介護なんて、親が元気な間はほとんど考えません。
いずれそういうことはあるんだろう、とは思っても
何だか自分の親はずっと元気でいてくれるような気がするんです。
だから、ほとんどの人が「介護は突然」と言います。
その、「突然」で困った体験が「介護ん!」誕生に繋がるんですけど。
そんな「突然」の混乱にも、
「介護ん!」を見て助かった
と言って貰える、本当に役立ち、本当に使えるものを
作っていかなきゃと思っています。



ランキングに参加しました。1日1クリックしてもらえると頑張れます!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック