スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しました。1日1クリックしてもらえると頑張れます!
 元気になあれ
2011年05月09日 (月) | 編集 |
大学4年生になる下の娘の友達が
腎臓病になり、休学、留年するそうです。

私も高校生のとき
病気で休学、留年をしましたから
なんだか他人ごとでなく、気になっています。


高校2年生の秋・・
入院が決まり、バタバタしているときは
そう何も感じなかったのですが
ひとりポツンと病室のベッドでいると
学校や友達がとても恋しく
寂しくてたまらなかったのを覚えています。
一番悲しかったのは、元同級生たちの卒業でした。


そしてそのあと
高校を卒業し、大阪に行きました。
大学進学は許可してもらえませんでしたが、
『学費は全額自分で払い
生活費の仕送りもなし
親には一切の負担をかけない』
という条件で
「手に職」である専門学校は、なんとか行くことができました。

ところが・・
卒業を控えたある日
風邪をひきました。
ただの風邪だったのですが
どんどんひどくなり
膝に水がたまったかひどくむくんだか
とにかく歩けなくなったのです。

近所の病院へ行くと
「即入院

娘の友達と同じく
そのまま倉敷に戻り
また、長い入院生活が始まりました。
そして学校は、いったん休学。
しかし結局、次年度の復学は不可能となり
退学をするしかありませんでした。
その時の悔しさは、今でも忘れることができません。



いろんな夢や希望がありました。
こんなところに就職して
こんな風な仕事をする。
住まいはこのあたりがいいな。

でも、私の夢の何一つも叶うことはありませんでした。

自分の体が、自分の人生を生きていく邪魔をするのです。
その腹立たしさといったら・・

そのときの自分と、娘の友達がふと重なり
いたたまれない思いがしています。

どうか、どうか元気になって
夢を叶えられますように、と思うばかりです。






ランキングに参加しました。1日1クリックしてもらえると頑張れます!
スポンサーサイト
 だから嫁のもらい手がないのか?
2011年04月27日 (水) | 編集 |
先月の半ば、車が寿命を迎えました(泣)。
夜、用があって家を出、坂を下り(我が家は山の上)
アクセルを踏んだところが・・・どんどん減速して、とうとう止まってしまいました。
やばい!!!と思い、減速中に路肩には寄せていたのですが
そうでなくても狭い田舎道。邪魔になります。

9時も回り、遅いかな・・と思いつつ、車屋の友人に電話。
「どこで立ち往生してんのよ。」と友人。
「うちの下。降りたとこ。」と私。
それから待つこと20分。
車載車に乗った友人の旦那さん(車屋さん)が来てくれました。

急なことで、代車がないとのこと。
たまたま全部出払ってしまっていました。
「ん~~~」と唸っていた旦那さんが
「ま、なんとかします。」
と言い、次の朝持ってきた車は・・・売り物
それも、買い手が付きかけているという・・・。
たぶん、自家用車でも貸してくれるんだろう、と思っていた私は
大いに慌てました。

「売り物に傷でもつけたら大変だから、これはやめようよ。」
というと
「来島さんは運転が上手だから、いいですよ。信用してますもん。」
とにっこり。
保険の営業員(職業運転手という扱いになるようです)をしながら
優良運転者表彰を受け、優良マークをいただいたので
車の運転については、すっかり信用してくれています。
それはありがたいのですが・・・でも・・・それとは違う気がする・・・

明日には代車が1台返ってくるから、2日間だけ、ということでしたが
免許を取ってから20余年。
こんなに緊張して車の運転をしたのは初めてです。


さて、私の車。
旦那さんの技術を駆使して修理をし、さらにメーカーにも聞き
出来うる限りを尽くしてくれましたが、びくともしません。
直すとしても一部では済まず、かなりお金もかかります。
直しても、また次が壊れるでしょう。
3月末までに廃車手続きをすれば、自賠責の残りも返ってくるし
そうしちゃえ!と、そのまま廃車にしました。
次の車の用意もせず。

それから1カ月半。
私は友人の出してくれた代車に、我が物顔で乗り続けています。
私の出す、わがまま言いたい放題の注文(車を購入するにあたって)にも
いやな顔一つせず、注文通りの車を探してくれています。

それにしても私
厚かましすぎる・・・あぁ・・・


ランキングに参加しました。1日1クリックしてもらえると頑張れます!
 鶏よりおバカ?私って・・・
2011年01月03日 (月) | 編集 |
社長から、ショートカットキーを覚えると便利だから、と、
一覧表を貰いました。
正月で帰省していた娘に教えて貰おうとすると
娘が一瞬固まりました。

「実は・・私も思ったことはあるんだけどね・・。
教えない方が良いと思ってやめたのよ。

「あら、そうだったの?」
「お母さん、絶対に混乱するでしょう?」
「・・・(ピンポーン)

近くでやり取りを聞いていた息子も
「お母さん、そんなにいっぺんに覚えようとしちゃだめだよ。
と・・・姉に同意。

さすが我が子。
私の得手不得手はお見通しです。

でも、仕事に必要だし・・どうするかな・・と思っていると
2人が一覧表の一つ一つを
パソコンの画面で実際に操作しながら
丁寧に教えてくれます。

「でもね、慌てたらだめよ。
ゆっくり一つずつ覚えなきゃ。

「僕でも、表を見ただけでは覚えられないよ。
実際に使いながらの方が覚えられるから
なんかする時は、ショートカットキーを
使いながらやってごらん。

と、心配そうにアドバイスをしてくれます。

そんな時
「コマンド、ってなあに?」
と息子に尋ねました。
丁寧に教えてくれる息子。
その後、一覧表に沿って一通りの操作を
「こんなことも出来るよ」
と、楽しく見せながら教えてくれました。

一通り終わり
「色んなコマンドを使って試してみるといいよ
と息子が言いました。
「コマンド、ってなあに?」
と尋ねる私。
我が家ではよくある、とぼけた風景。

ぽつりと息子が
「鶏は、3歩歩くと忘れるっていうけど
お母さんは、歩かなくても忘れちゃう
・・・

ランキングに参加しました。1日1クリックしてもらえると頑張れます!
 仕事収め???
2010年12月26日 (日) | 編集 |
息子に手取り足取り教えてもらい
来年の年賀状を作成。
限りなくモノクロに近い、シンプルなものが好きで
とても簡単なはずなのですが
息子がいてくれないと作れない・・・

「おかあさん、一昨年、昨年、とこれで3回目だね。
来年は一人で出来る?」

と笑う息子。
う~~ん・・不安です。
教えてくれるのを、メモしましたが。どうだか・・

でもまぁ
来年のはなんとか無事に出来ました。

やれやれ・・

ランキングに参加しました。1日1クリックしてもらえると頑張れます!
 「がん」と「認知症」、介護するなら・・・???
2010年10月31日 (日) | 編集 |
今夜は21時から、NHKでやっていた「認知症は治る!」という番組を
息子と一緒に見ていました。

生活習慣病(特に糖尿病)があると、発症率が倍近くなるらしく
日頃の生活の大切さを思い知りました。

母は糖尿病でしたから、早くから発症したんでしょう。
今の私の年齢の頃には
すでに脳は変化していたんでしょうね。
かわいそうな気がします。

「お母さん、おかしいと思ったら、すぐに病院で調べてね。
お母さんが認知症になったら、僕らが困るでしょ。
と、息子。

ごもっとも。
私も、まさか自分がした苦労を、子どもたちにさせるつもりはないので
とにかく「???」と不安を感じたら、
恐れず病院へ行きたいと思っています。

とにかく、早期の発見
これに尽きるようです。

私の持病のC型慢性肝炎は、進行性の病気で
ほっとくと、肝臓がんに進行しますが
認知症になるのと、肝臓がんになるのとでは
介護をするとした時、どっちが良いのか聞いたところ
子どもたちいわく

「楽なのは肝臓がん。
でも、なってほしいのはどっち、と聞かれたら認知症かも。」


ん~~~言い得て妙です。




ランキングに参加しました。1日1クリックしてもらえると頑張れます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。